最近の風
  • 宇土のにいさん会(2019/01/14)
    平成31年1月14日
     にいさん会が発足した経緯は、村に住んでいても若い人たちが気楽に話し合える機会がほとんど無く、挨拶すらあまりしなくなっており、危機感を抱いたのがきっかけです。37年前に発足した当時の会員は20?30歳代の若者だったので、にいさん会と名付けました。今も発足当時の会員が数名残っており、60代後半になっております。何回も解散の危機がありましたが、少数意見・若い人の意見を大切にしてきたので長く続いたコツだったと思えます。現在10名の会員で毎月の例会や花見・旅行・新年会等で活発に活動しています。また、にいさん会の会員は村の中心となって、日役や村の行事・村の役員等で頑張っております。
    宇土まちづくり委員

     


     
  • 「ふれあい とんど祭り」楽しむ(2019/01/14)
    平成31年1月14日
     冬晴れの1月14日(月)、真南条上自治会では恒例の「ふれあい とんど祭り」を公民館で開催しました。この催しは、古くから伝わるとんど焼きを継承するとともに、子どもから大人、老人までの3世代交流で地域の活性化を図ろうと毎年開催しているもので、今年は60人が参加しまた。
     朝9時すぎ、家庭から持ち寄られたお正月のしめなわや書き初めを次々と燃やし、全員で今年1年の無病息災を願いました。参加した子どもたちは会場では杵と臼を使った餅つきを自治会役員とともに体験したほか、親子での凧揚げ、コマ回しを楽しみました。また、お昼には、堀井聡自治会長が「平成最後のお正月を無事過ごすことが出来ました。今年1年、元気で明るくお過ごしください」とあいさつを行った後、全員でつきたてのお餅や手作りのおでんを食べ楽しいひと時を過ごしました。

     


     
  • 生け花講習会実施 --- 栗栖野自...(2018/12/26)
    平成30年12月26日(水)
     年末押しせまった12月26日、栗栖野自治会及び女性会共催の「生け花講習会」が同公民館で実施されました。
     これは、篠山市社会福祉協議会の助成を受けながら10年以上続いている行事で、迎春にふさわしい花材をもとに、会員の有志が講師を務め模範の活け方を披露し、老若男女の参加者それぞれが工夫しながら自分流にアレンジしながら生け花を楽しみました。
     そこにはお互いに褒めあったりアドバイスをしたり…とても明るく暖かい空気が流れ、良いふれあいの機会になりました。
     作品は、それぞれ持ち帰り各家庭のお正月の床の間やお部屋を明るく飾ることでしょう。

     


     


     
  • 餅つき大会(2018/12/20)
    平成30年12月20日(木)
     12月20日(木)アグリステーションで城南小学校1年生20名と幼稚園年少組22名、幼稚園年長組26名が授業の一環として年末年始の暮らしを体験しました。
     その体験とは餅つきで、当日は早朝よりまちづくり協議会と幼稚園の保護者がスタッフとして対応しました。  
     子供たちは9時過ぎから一斗二升の餅米をスタッフに助けてもらいながら、慣れない手つきで力一杯杵を持ち上げつきあげました。そしてきな粉やあんこ、砂糖醤油やおろしの4種類の餅をスタッフにより作ってもらい、美味しく口一杯ほうばっていました。
     子供達からはホッペタが落ちそうなぐらい美味しかったとか、餅つきが出来て大変良かったなど様々な意見が出ていました。最後に子供たちに一番おいしかった餅との問いかけには、砂糖醤油餅で次にきなこ餅やあんこ餅とのことでした。最近各家庭で杵による餅つきを体験する子は僅かであり、良き思い出となったと思います。

     


     


     


     
最近の風のトップへ
篠山市役所の新着情報
兵庫県からのお知らせ
メインメニュー
地域のお宝満載
城南の風チャンネル
今後の予定
  2月17日
囲碁ボール大会
篠山に関するつぶやきを集めてみました