最近の風
  • アグリステーションで凧あげ大会(2017/01/03)
    平成29年1月3日(火)
      アグリステーション丹波ささやま主催の新春凧あげ大会が、1月3日(火)午前10時から、前の広い田んぼで行われました。
      父兄や祖父母に連れられて子供たちが集まってきました。あらかじめ準備された白地の凧50セットに、クレヨンや絵の具で思い思いの絵をかき、しっぽをつけて凧の完成です。
      この季節にしては暖かい天候、少し風が弱いのが気になりましたが、早速出来上がった凧を持って、田んぼの中で凧揚げが始まりました。
    バランスが悪く、くるくる回ってなかなか揚がらなかったりしながらも、だんだんコツをつかみ見事に空高く舞い上がる凧、およそ100人の祖父母や父母、子供たちが一生懸命凧あげに興じていました。
       
       
  • 児童を招いて餅つき大会 @アグリステーション(2016/12/21)
    平成28年12月21日
      アグリステーションでは、12月21日(水)城南幼稚園児と城南小学校1年生計81名を招待し、餅つき大会を催しました。
      前の広場に大きな木の臼2台と子供用の小さな臼1台を据え付け、それぞれに熱く蒸しあがった真っ白な湯気の出ているもち米を入れて餅つきが始まりました。見守る子供たちがヨイショヨイショの掛け声とともにつきあがっていきます。子供たちも順番に杵を振り上げ餅つきの体験をしました。一同早速つきあがったお餅をきな粉などにまぶして味わいました。
      冬休み、お正月を前に子供たちにとって貴重な体験であったと思います。
      前日からの準備から当日の進行に携わっていただいたアグリステーションのスタッフの皆さん、お手伝いいただいた城南松寿会(老人クラブ)の有志の皆さんお疲れさまでした。
       
       
       
  • 城南地区いきいき塾開始(2016/12/06)
    平成28年12月6日(火)
      かねてより準備を進めてきた城南地区のいきいき塾がいよいよ12月6日(火)の午後コミセン城南会館で始まりました。
      一堂に集まって、いきいきデカボー体操をすることによって、「行きたいところへ行ける」「やりたいことがやれる」体づくりを目指して実施するもので、市では19すべてのまち協単位での実施を目指しています。城南地区は、9番目にスターとすることとなりました。
      篠山市健康課、事業所(やすらぎ園)、まち協の3者が協力して実施するもので、まち協では健康福祉部(酒井優部長)及び各自治会から2名の見守りスタッフが交代で運営を支えます。
      第1回目の初日は、申込者13名中10名の出席、スタッフも大勢参加し始まりました。
      血圧測定などの健康チェックからはじまり、オリエンテーション、そして、一つ一つ説明を受けながら「おもりばんど」を使っての各種体操、ほとんどが椅子に座ってか椅子につかまっての体操です。
      これを毎週1回、6か月続けることによって、みちがえるような元気な体になれることが期待されます。
       
       
  • 日本地図を作った伊能忠敬が200年前に城南に来...(2016/12/02)
    平成28年12月2日(金)

      文化11年(1814年)2月6日 昨夜雨、此日曇 伊能忠敬測量隊10名は、笹山城下から131人の労役村民を従えて、渡瀬橋を渡り。東吹村、城山の西裾を通り、宇土村に入る。槇ヶ峯の北裾に沿って杉村に至る
    (標柱より抜粋、笹山は篠山の当時の表記)

      この史実をふまえて、城南小学校のふるさと教育を支える活動の一環として「ふるさと再発見歴史街道に学ぶ」を、城南地区まちづくり協議会が中心となり市内で5年前より活動している「伊能忠敬笹山領探索の会」と宇土地区自治会の厚意、強力なご支援により実現することができました。
      12月2日9時30分、好天に恵まれ地元、宇土地区の住民の皆さんや探索の会のメンバーが待ち受ける中、通称「クルミ縄手通り」南詰の梅林公園に、城南小学校6年生33名がバスで到着、厳粛な標柱除幕式が始まる。
      子供たちも除幕のセレモニーに参加「いち・にい・さん」の掛け声に合わせて紅白の綱をしっかりと引っ張る・・・立派な石柱の誕生の瞬間に子供たちの顔がほころぶ。参加者全員で記念撮影の後、忠敬が実際に歩いて測量した古道を一里松の池に向かって探索を開始した。
      「御用旗」を先頭に「梵天」が続く、地元の古老の説明を聞きながらひたすら歩くこと20分、一里松が植えられている池の堤が本日の終点、先日の「出前教室」で「星埜先生」(元国土地理院院長)から学んだ歩測による古道探索の終わりである。
      現実に戻り隣接の「現在の小枕〜杉線」の道路を通りバスに到着、給食の時間に合わせて帰校しました。おつかれさん!
       
       
       
       
最近の風のトップへ
篠山市役所の新着情報
篠山市役所
兵庫県からのお知らせ
このサイトについて
このサイトについて
当サイトは「城南地区まちづくり協議会」(兵庫県篠山市)が運営しています。当協議会の広報に加え、地区内の行事や住民活動、その他地区内の様子などを住民の皆様はもとより、故郷を離れて暮らす方々、丹波篠山や城南地区にご関心をお持ちの皆様に向けてお届けしています。

城南地区まちづくり協議会とは
「まちづくり協議会」とは、ある区域の中で住民・事業者・関係権利者(地区外権利者も含む)が構成員となってまちづくりに取り組むための組織です。
当協議会は篠山市にある19のまちづくり協議会のなかで、4番目(平成22年4月)に誕生した「まち協」です。

まち・むら交流(都市と農村の連携)
当協議会は、平成22年度からの事業として、都市農村共生による地域の発展を目指し、神戸市灘区成徳地区「成徳ふれあいまちづくり協議会」との相互理解と信頼のもと、地域づくり、地域の課題解決、文化交流等の各種の活動を織り込んだ都市と農村の連携まちづくりをすすめています。
メインメニュー
地域のお宝満載
城南の風チャンネル
今後の予定
ネットショップ
篠山に関するつぶやきを集めてみました
Amazon